健康で生きがいのある生活を。

FINEとは

活動の目的

ヘルスプロモーションの理念に基づき、健康意識の向上、健康づくりに関する事業を行い、一人ひとり「生活の質を高め、健康「まちを育てることに寄与することを目的としています。

体力作りのコンセプト

健康は財産
100歳まで
元気に生活するための体力作り

  • 日常生活に必要な体力作り

    朝起きる時も体がだるい、常に疲れている感じがする。夕方になってくると腰や膝が痛くなってくる等、日常生活を過ごすだけで疲れることが無いよう、まずは、日常生活で疲れない体力作りを目指します。
  • 楽しむための体力作り

    日常生活に必要な体力がついてきた方には、旅行や趣味、スポーツなど日常生活以外の活動も積極的に行えるだけの体力がつくよう、運動強度を上げたプログラムへの挑戦を応援します。 
  • 主役は参加者

    体力作りを行う上で必要なのは参加者の方が積極的且つ、継続して活動していただくことです。そのためにもまずはプログラム効果を実感していただくことに力を注ぎ、そして日常生活の中でもご自身で体のメンテナンスができるようサポートしていきます。

体力作りは0歳から

人間の体力作りは生まれてしばらくして、寝返りを打ち歩くことを覚える頃から始まっていると言えます。特に体のコントロール能力や免疫力については12歳までにほぼ発達を終えるとされており、中学生で心肺持久力が高校生~大学生では筋力の発達がピークを迎えると言われていますので(図1)、この時期で如何に基礎体力をつけることができるかが大変重要な時期と言えます。

また、体力のピークは30代で、それ以降は徐々に体力が低下します。そして何も予防的な運動や活動をしなかった場合、体力は急激に衰退していくと言われています(図2)。体力が衰退することは仕方のないことですが、何らかの予防をすることで体力の衰退を減少させることができるとも言われていますので、40代以降は予防的な運動や活動を適切に実施していく必要があります。もちろん、高齢になってもです。生活をしていくための体力作りは一生涯、必要なことです。

このように20代前半までの発達の時期から30代までの体力向上期を経て、40代以降の予防期を迎えていくわけですが、私達は、より多くの方が100歳まで元気に生活していただけることを目指し、各年代に必要な体力作りを応援していきます。

図1

図2